合同研究セミナー


 2018年4月〜

 進め方:担当者(一日一人)が自分の研究について発表(質問込みで1時間)、4年生は論文紹介でも可

 参加者:地球内部ダイナミクス・地球深部物理学で合同

日程と担当

 2018.4.10  5分発表(自己紹介, 研究), セミナーの流れ決め 
 2018.4.17  谷口さんの研究イントロ, 愛媛大でのシンポジウムで聞いたこと紹介(中島), 輪読の流れ決め 
 2018.4.24  研究発表(金嶋先生)「Composition of the low seismic velocity E' layer at the top of the outer core(Brodholt & Badro, 2017)の紹介」
 2018.5.1  研究発表(吉田先生)「暖かい金属の上では氷がひとりでに回る」
 2018.5.8  研究発表(ダイナD2 中島) 「回転球面上のMHD浅水波 ~地球外核最上部安定成層内の波のモデルとして~」
 2018.5.15  JpGUの練習(深部D1 谷口[口頭])「Onset of top-down and bottom-up compositional convection in rotating spherical shells」
   JpGUの練習(ダイナD2 入江[ポスター])「マリノアンスノーボールアースの氷床融解に伴う海水準変動」
   JpGUの練習(深部M2 眞鍋[ポスター])「数値ダイナモモデルで検出されたジャーク様磁場変動の初期解析」
   JpGUの練習(深部D1 谷口[ポスター])「Kinematic dynamos associated with top-down and bottom-up convection in rotating spherical shells」
   JpGUの練習(ダイナD2 中島[ポスター])「The effect of an azimuthal background magnetic field on waves in a stably stratified layer at the top of the Earth's outer core」
   JpGUの練習(深部M2 兵藤[ポスター])「熱史計算と整合的な月ダイナモ進化モデルの構築」
   JpGUの練習(金嶋先生[ポスター])「セッション「原発と地球科学」を通じて明らかになったこと」
 2018.5.29  研究発表(深部D2 Gang)「P波とS660P波を用いた普通マントルの660km不連続面の深さの研究」
 2018.6.5  研究発表(ダイナD2 入江)「スノーボールアースの氷床融解に伴う海水準変動」
 2018.6.12  研究発表(深部D1 谷口)「Kinematic dynamo problem」
   研究発表(高橋先生)「Mercury's anomalous magnetic field caused by a symmetry breaking self-regulating dynamo」
 2018.6.19  研究発表(深部M2 眞鍋)「ジャーク領域を用いた地磁気ジャークの検出について」
 2018.6.26  研究発表(深部M2 兵藤) 
 2018.7.3  研究発表(深部B4 田中) 
 2018.7.10  研究発表(深部M2 浪平or田代) 
 2018.7.17  研究発表(深部M2 浪平or田代) 
 2018.7.24  研究発表(深部M2 羽路) 
 2018.7.31  研究発表(ダイナB4 登尾) 
 2018.8.7  研究発表(深部M1 白山、長) 

戻る